★ GSX−R750のお部屋 ★


99年秋のモーターショー
当時、CBR900RRの92年モデル(初期型)に乗っていたのですが、99年秋のモーターサイクルショーにフルモデルチェンジを行うCBR900RRの2000年モデルが出るとの話を聞き、居ても立っても居られず見に行ったのでした。
 そこで何気なく目を留めたスズキブースのマシン、それがGSX−R750(Y)型だったのです。
もう一目惚れ。スラントなノーズ、スラントなけつ、ああ、どこをとってもこんなマシン、他にないっす〜。
 思わずバイクにまたがってたね〜ちゃんに「バイクの写真とりたいのでどいてもらえませんか?」とお願いしちゃいました。
99年冬〜春
 その後、しばらくは我慢していたのですが(次の秋にはまとまった金が入る予定だったので)、ある日カワシュウオートサービスでだべっているときにスズキの営業マンがやってきてGSX−Rの話になり「ああ、あのマシンね〜。まだ今なら在庫ありますんで、初回出荷に間に合いますよ...今ならネ...ま、私はすでにオーダーしちゃいましたけど」とのお言葉。
結局、オーダー後4ヶ月の納期を経て、買ってしまいました。
00秋
 現在、北海道ツーリングを経て4000km弱ほど走ってますが、最近のレプリカはとてもいいみたいですね。かえって900〜1000cc以上のオーバーリッタークラスと比べても「回して走る」楽しさが感じられます。
 CBRに乗ってた時は8000回転まで回すと尋常ではない加速になってしまうので走ってる最中に気が遠くなっちゃったりもしましたが、GSX−R750に乗り換えて、とっても楽しく回せるようになりました。
 レッドゾーンの14500回転から上は見たことないですが...
01冬
納車から1年と半年過ぎ。とうとうショックのオーバーホールを敢行。北海道に行ってるせいか、10,000kmの走行のうち半分は北海道で走ってる、ってとこ。だからブレーキパッドが全然減んない。まぁ、次の車検までにやることは...クーラント液の交換とオイル交換ぐらいだな。プラグに関しては、替えるのであればNGKのイリジウムにしたいところ。


フルモデルチェンジGSX−R 3兄弟諸元表(2000,2001)(相違点には赤boldでチェック)
GSX−R1000 GSX−R750 GSX−R600
排気量 987.8cc(12.0:1) 749.2cc(12.0:1) 599.4cc(12.2:1)
ボアxストローク 73.0x59.0mm(0.808) 72.0x46.0mm(0.639) 67.0x42.5mm(0.634)
最高出力 160ps/10800rpm 141ps/12500rpm 115ps/13000rpm
全長/全幅/全高 11.2kg-m/8500rpm 8.6kg-m/10500rpm 6.9kg-m/10800rpm
シート高/乾燥重量 830mm/170kg 830mm/166kg 830mm/163kg
軸間距離/最低地上高 1410/130mm 1410/130mm 1400/130mm
キャスター/トレール 24度/96mm 24度/96mm 24度/96mm
オフセット/フォークピッチ 32/207 32/207 32/207
燃料タンク容量 18L 18L 18L
ハンドル切れ角・左/右 29/29度 29/29度 29/29度
Fサスペンション テレスコピックφ43mm倒立式 テレスコピックφ43mm倒立式 テレスコピックφ45mm正立式
Rサスペンション スイングアーム・モノショック スイングアーム・モノショック スイングアーム・モノショック
ホイールトラベルF/R 120/130mm 125/130mm 125/130mm
ホイールサイズF/R 3.50x17/6.00x17 3.50x17/5.50x17 3.50x17/5.50/17
Fタイヤサイズ 120/70ZR17 120/70ZR17 120/70ZR17
Rタイヤサイズ 190/50ZR17 180/55ZR17 180/55ZR17
Fブレーキキャリパー 対向式6ピストン(トキコ) 対向式4ピストン(トキコ) 対向式4ピストン(トキコ)
Rブレーキキャリパー 対向式2ピストン(ニッシン) 対向式2ピストン(ニッシン) 対向式2ピストン(トキコ)
ブレーキディスク径F/R 320/220mm 320/220mm 320/220mm
 いやぁ、笑っちゃうぐらい同じパーツが使われてますね。今後、それぞれのパーツリストを見なくてはなりませんが、おそらくはほとんど同じパーツを取り寄せれば何とかなっちゃうでしょう。とりあえず1000用のフロントフォーク、つけてみたいな。オフセットも同じみたいだし。(訂正。ど〜やら違う様子)
 オーリンズのFRショックも捨てがたいし...さて何からやりましょうかね。
 現在、10knotにおいて、ショートウィンカーの開発の話が出ているので、お手軽なところからカスタマイズ、ってのもありかな、なんて。


★現在の後付けパーツ★

メーカー パーツ名(名前クリックで写真) お値段 感想
ゼログラビティ 段付きクリアスクリーン 14,000円 30mmほど高さがつきました。風がみぞおちから胸へ。
マジカルレーシング リアフェンダー(GSX−R1000用) 26,000円 泥、フェンダー裏とリアサスにつかなくなりました。
ロックハートフィリップス カーボンタンクガード 7,000円 思ったより高さがなく、ガードとガソリンコックの間がキズキズに。カーボンの柄が明るいため、リアフェンダーやサイレンサーと色合いがつかないので、次のを物色中。
JKDP カーボンタンクガード ????円 上記タンクガードが思ったよりも遥かに小さく、こりゃダメだ、と思い新たに発注をかけたモノ。こちらは完全にタンクの手前をガードしてくれるので良いカンジ。
ベンチュラ ツーリングバッグセット 68,000円 ちと高いですが、スーパー優れモノ!!もう手放せません。
NHK(藤田商会) ステアリングダンパー ????円 純正よりちと固め。一番柔らかから2クリック戻しで使ってます。
KERKER(藤田商会) TL1000用?カーボンS/Oサイレンサー ????円 5000回転から上がすっごいイイ音します。
RCエンジニアリング アルミナンバープレートカバー ????円 青マイトがかかっており、スズキ純正カラーと相まってイイカンジ。
ココセコム ココセコム本体 15,000円 まだ役には立ってませんが...一生役に立たないことを祈る。
アントライオン ブレーキレバー#03501−TB 7,200円 純正レバーよりもレバーエンド部1個分短くなり、レバー1本分遠くになりました。
アントライオン アジャスターピース#03503−TB 1,200円 ネモケン教の私は、現在一番遠くにセッティングしてあります。
アントライオン クラッチレバー#03002−TB 6,800円 現在遊びが少なめなので、少し多めにしたいところ。

パーツの取り付けに協力してくださった三橋さん、新谷クン、渡辺さん、鈴木さんスペシャルサンクスです。


メンテナンスノート

日付 走行距離 オイル タイヤ その他 備考など
3/19 5,000 10w/40(3.0L) オイルエレメントの交換はなし。次回は北海道前を予定。
7/15 7,086 20w/50(3.5L)
エンジンフラッシュ
オイルフィルター交換
ワコーズ製のオイル。な、なんと2リットル7,000円!!オイル代だけでいきなり14,000円もします(泣 北海道から帰ってきたら交換なのに。
8/17 9,200 120/70-17F
180/55-17R
ぱぱぱぱパイロットスポーツ入れちゃいました。洋モノミシュラン製です。転ばない事を祈りつつ...
10/25 9,900 20w/50(0.5L)
10w/40(3.0L)
・オイルフィルター交換
・ドレンボルト交換
フロントフォークOH
リアショックOH
ブレーキフルード交換
チェーン交換
525-110(Oring)
いよいよ10,000kmを超えようか、という走行のため、ケンズパワーにて前後ショックのオーバーホールを敢行。ガスはほとんど抜けていて、フォークオイルもどす黒い茶色になっていた。これはやはり定期的にオイル交換くらいしないと、だな。
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー